jafien

私達と

  • Ari Setälä
  • Timo Kaikkonen
  • Ari Laamanen
  • Finnmedals Oy
  • Lasse Odrup
  • Mika Hautala
  • Kimmo Salojoki
  • Heikki Rekola
  • Steven Mempa
  • AW Impladent Oy
  • Mikko Anttila
  • Harri Aaltonen
  • Petteri Seppänen
  • Susanna Karlsson
  • Ilpo Heporauta
  • Mikko Pihlanko
  • Markku Hurme
  • Positron Oy
  • Sami Wächter
  • Arttu Pakarinen
  • Ari Hämäläinen
  • Markku Jalonen
  • Parolan Kotipizza
  • Jouni Envall
  • Ilari Luoto
  • Etelä-Hämeen Reserviupseeripiiri ry
  • Dragoon Militaria Oy
  • Asko Aulanko
  • Päivölän opisto
  • Pertti Kokkonen
  • Petri Savolainen
  • Martti Niemi
  • Petteri Salo
  • Aku Hänninen
  • Kazuhisa Domen
  • Wakaha Inui
  • Hidekazu Tsujino
  • Hattulan-Tyrvännön Reserviupseerit ry
  • Susanna Vehmas
  • Kaarteen Kotimuseo
  • Tatu Juurtti
  • Hämeenlinnan seudun reserviupseerit
  • Atsushi Matsubayashi
  • Kiyoshi Takagi
  • Roshin Sato
  • Keijo Piipponen
  • Jukka Tienhaara
  • Arto Järvelä
  • Jukka Lappeteläinen
  • Kari Voutilainen
  • Franz Höller
  • Marko Konsala
  • Nathaniel Havlin
  • Jarmo Lindgren
  • Kalle Hurme
  • Vänni Alarotu
  • Seppo Passoja
  • Yoshimasa Watanabe
  • Matias Kauramäki
  • Millog Oy
  • Riku Snygg
  • Ken Arakawa
  • Fumiya Yatagai
  • Kuruwa
  • AM-Kinot OY
  • Takafumi Nakahara
  • Wang Guonian
  • Masanori Kato
  • Olli Alajoki
  • Mikko Tähkänen
  • Markus Kaarnakoski
  • Kalle Paimen
  • Takuma Fukao
  • Takeshi Nogami
  • Hannu-Heikki Puupponen
  • Heikki Lagus
  • Hiroshi Orita
  • [PH]Pelaajat
  • Lauri Koskela
  • Masatoshi Matsumoto
  • Takanori Hosoi
  • Hiroshi Doguchi
  • Masamitsu Harada
  • Kosei Mori
  • Risto Tammela
  • Stefan Karlsson
  • Akira Tsuruoka
  • Sanmagumo
  • Panssarikolonna.fi
  • Patria Oyj
  • Milectria Oy
  • Eero Juhola
  • Juhani Tuominen
  • Shouichi Morimoto
  • Masaki Ebina
  • @type97_chiha

THE ARMOUR MUSEUM IN FINLAND

 パロラ戦車博物館 戦車の保護を

 

パロラ戦車博物館では、展示されている戦車に屋根をつけるため、クラウドファンディングを募集しております。

当館の野外展示場には、1936年から1945年に行われた冬戦争と継続戦争で活躍した個性豊かな戦車達が展示されています。しかし時間の経過とともに装甲など戦車の様々なところが激しく痛んでいます。次の世代の為にも、この歴史的価値のある戦車たちを、屋外での劣化から守るため”タンクシェルター”を建設が急務となっています。

期限が10月までと迫っておりますが、日本の戦車ファンの皆様にもお力をお借りいただければと思い、ご案内させていただきました。

タンクシェルターのクラウドファンディングでの目標

パロラ戦車博物館の仕事は、フィンランド軍の歴史である機甲兵器と対戦車兵器の収集と維持です。その為に、歴史、部品、記録、を収集した後に、研究し復元する必要があります。
そのうちの1つの仕事である、展示や出版活動については、非営利の財団であるパロラ戦車博物館財団が行っています。

現在のパロラ戦車博物館の資金調達では、現在の活動を維持することは可能ですが、天候から戦車を守るための気象シェルターを建設するまでの余裕はありません。パロラ戦車博物館の展示物は非常に貴重で、世界で唯一展示されている戦車をはじめ個性豊かな戦車達で構成されており、それらの歴史は言うまでもなく犠牲となった兵士や退役軍人の英雄的な行動の歴史に結びつきます。

建設予定の2つのシェルターに必要な予算は40万ユーロ(日本円で約4500万)です。クラウドワンディングの設定ではシェルター1戸分金額である、20万ユーロ(日本円で2200万)と
いう数字で公開されています。クラウドファンディングでの最小目標金額は6万ユーロ(日本円で670万)に設定されています。この6万ユーロという数字は、気象シェルター建設に
着手する為に必要最低限な金額となります。気象シェルターの建設により、次の世代に美しい状態の戦車を残すことは勿論のこと、博物館への訪問者が快適に過ごすことができ、さら
に一年中博物館を開くことができるようになります。

クラウドファンディングのステップ

クラウドファンディングの最小目標である、6万ユーロを達成した際には気象シェルターの建設がスタートします。

最小の目標6万ユーロ
6万ユーロお金を集めることができた場合には、タンクシェルター用の20m分の地ならし、基礎工事に取り掛かることができます。

12万ユーロに到達した場合
12万ユーロに到達した場合、タンクシェルター40m分の工事に取り掛かることができます。

クラウドファンディンのゴールである20万ユーロ
20万ユーロに到達した場合、下の段に展示されている戦車達の気象シェルターを完成させることができます。上段の戦車達の気象シェルターへの出資は、チャリティー活動、寄付、
その他多くのサポートを通じ、パロラ戦車博物館に集まるように計画されています。

クラウドファンディングパッケージ

私達は様々な出資用パッケージを作りました。
安い価格のパッケージには、気象シェルターを必要とする戦車達の名前が付けられています。
下記のリンクで、その戦車達の歴史についてご紹介しております。

私たちの歴史を保護するために私たちを助けます:

Pikku-Sotka

Pikku Sotka

Klimi

Sotka

Sotka

Postijuna

Postijuna

Sturm

Sturmi

tank-commander

Tank Commander

Honkaniemi

Honkaniemi

Kuuterselkä

Kuuterselkä

Tuulosjoki

Tuulosjoki

Tali-Ihantala

Tali-Ihantala

panssaridivisioona

Panssaridivisioona

Voit myös rahoittaa laskulla

Pyydä yritykselle laskua:



Valitse paketti:

 Honkaniemi Kuuterselkä Tuulosjoki Tali-Ihantala Panssaridivisioona

Tai syötä muu summa: